離婚したときの家庭への影響

冷めた夫婦、子供に影響は

子供がいて、長年一緒にいる夫婦でも冷めた関係になってしまう家庭も少なくありません。
では冷めた夫婦関係は子供にどのような影響を与えるのでしょうか。
ある論文によると夫婦関係の悪い親をもつ子供はストレス値が高く、場合によってはうつ傾向になってしまう事があるようです。
子育て期に子供に必要な親の役割は信頼関係の構築です。
これが冷めた夫婦関係になると、子供は親から信頼関係を学ぶことが出来なくなってしまうのです。
その結果、問題行動が多くなる、将来子供自身の結婚について後ろ向きの考え方になってしまう子供も存在します。
また、冷めた夫婦関係の場合、どちらかの親(特に母親)が子供に執着しやすい環境になります。
この場合は、子供も独立した一人の人間として、子供の個性を生かす接し方を考えた方がよいと思います。
夫婦関係が子供に影響する部分は多いです。
しかし、その影響が必ずしも悪いものとは言い切れません。
子供のことを真摯に考える接し方こそ夫婦が協力し合わなければならない問題と言えます。

昨年夏に、別居。春過ぎに離婚。
子供二人とも最初は向こうに付いてったけど、今は、子供二人とは一緒に暮らせてる。
色々あるもんよね笑
https://t.co/N4COCgZYuG

— マグロン (@Maguron0721) October 1, 2021

冷めた夫婦、子供に影響は | ママ友がうちの旦那と仲良すぎなんだが | ママ友とサッカーコーチの噂話